A-PLUG produced by YKK AP

A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2019/06/19 09:58 - No.491


第15回 四号建築物の仕様規定 8項目の仕様ルール その5


S100x100 minoru sato
「構造塾」佐藤実氏の『本当にヤバイ木構造の話 ~これからの木造住宅の耐震性能』
佐藤 実

2019/06/19 09:58 - No.491

 
(前回記事「第13回 四号建築物の仕様規定 8項目の仕様ルール その4」はこちら)8項目の仕様ルールとは⑦柱の小径等(令第43条)柱の小径等は令第43条に規定されています。小径とは柱の断面寸法のことです。第1項には「横架材間垂直距離に対する柱の小径の割合」があります。これは横架材(梁材)間の距離と屋根の重さ、建物用途により柱の小径の最小値が規定されています。この規定では柱の最少寸法を屋根の重さや横架材間垂直距離により決めています。屋根の重さは柱に作用する「軸力」で、横架材間垂直距離は「座屈長さ」で ..
 
S100x100 minoru sato
佐藤 実さん
株式会社M's(エムズ)構造設計

1968年新潟県生まれ。1990年東北工業大学工学部建築学科卒業。㈱佐藤住建を経て、2006年㈱M’s構造設計設立、現在に至る。2010年東京大学大学院修了。2010年「構造塾」を設立、木質構造に関するセミナー、構造計算技術者育成講座を開催、構造計算サポート業務を行っている。2018年現在全国26会場、会員数は1,500社。著書に、最高に楽しい木構造入門(エクスナレッジ)、楽しく分かる!木構造入門(エクスナレッジ)がある。

人気投稿ランキング

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

最新の投稿一覧全て見る>