A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/03/16 07:53 - No.1026


第1回 断熱改修のこれから


S100x100 %e7%ab%b9%e5%86%85  %e6%98%8c%e7%be%a9%e6%b0%8f %e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%96%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9 %e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3
竹内昌義が語る「これからの断熱」
竹内 昌義

2021/03/16 07:53 - No.1026

 


■ なぜ断熱改修が必要か? 

断熱改修とは文字どおり、建物の断熱性を向上させて夏の暑さや冬の寒さを改善、冷暖房効果をアップすることで省エネにもつながる、というものです。省エネへの意識の高まり、住宅内の激しい温度差から起こるヒートショックの危険性などが知られるようになったことから、ようやく人々が断熱の大切さに気づきはじめ、断熱改修は昨今ニーズが高まっています。

古い建物ほど断熱性は低い。無断熱の家すら存在します。多くの人が、それを当たり前のこととして過ごしているのが現状です。

そこで断熱改修。冬の寒さ、夏の暑さが軽減し、さらには光熱費が安くなる。改修コストはそれなりにかかるものの、実感できる効果は高く個々の暮らしにはいいこと尽くしといえます。

暮らしの質の向上はとても大切なことです。ただ、その点だけでいえば「寒い・暑いのは我慢できるし、うちには必要ないかな」と思われる人もいるでしょう。いま断熱改修が求められるのには、もっと別の理由があるのです。

それは、今世界的に目指している脱炭素社会への転換です。

脱炭素社会と断熱改修。どこでリンクするのか分かりにくいかもしれませんので、少し解説していこうと思います。

脱炭素社会の実現のため、たとえば日本では「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」という目標を掲げています。二酸化炭素を出さない。そんなことが可能なのか? どんな不自由な生活になるのだろう?と思ってしまうことでしょう。しかし、これは、現在我々が使っているエネルギー(電気)すべてを二酸化炭素を排出しない「再生可能エネルギー」にすることで、今までと同じ生活を続けていけることがわかっています。

再生可能エネルギーへの転換は世界的な流れですが、この10年間、太陽光発電の普及で10%ほど増加はしているものの日本での再エネ比率は18%ととても低く、これまでの伸び率(単純計算で年1%)を続けていても、とても2050年には間に合いません。


そこで同時に、使うエネルギーを減らすことが求められます。つまり、いままでと同じ電源構成では、2050年にゼロにすることは不可能だから、使う量(CO2排出量)を減らしましょう、というわけです。

日本のエネルギーのうち、実に1/3を建築(家庭、商店、ビル、施設など)が使っています。運輸、工業、建築など各分野での省エネが求められるわけですが、直近の試算では建築でのエネルギー使用は40%削減すべきとされています。やっぱり我慢の生活を強いられるのか……。しかもこれは新築だけに限らず、既存住宅にも求められるものですから、暑くて寒い古い家で電気を使わない生活では命に関わる問題です。

ここで、ようやく断熱につながります。家の断熱性能を上げることがエネルギー削減に大きな効果をもたらします。電気を使うことを止めるのではなく、電気をたくさん使わなくても快適な建物をつくること。

未来のため、いまこそ断熱改修が必要なのは、そうした理由があるのです。


■ ゼロエネルギー住宅は可能か?

私たちの日々の生活に電気は欠かせません。照明もエアコンも、調理や洗濯といった家事にも電気を使っていて、これを半分近くも削減するなんてできるはずがないと思うのは当然です。

しかし実際には、エネルギー使用量をゼロにする住宅は実現可能です。その実例を見てみましょう。

 
S100x100 %e7%ab%b9%e5%86%85  %e6%98%8c%e7%be%a9%e6%b0%8f %e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%96%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9 %e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3
竹内 昌義さん
株式会社 エネルギーまちづくり社

株式会社 エネルギーまちづくり社 代表取締役。東北芸術工科大学 教授。株式会社 みかんぐみ 共同代表。一般社団法人 パッシブハウス・ジャパン 理事。1962年生まれ、神奈川県出身。東京工業大学工学部建築学科卒、同大学院建築学専攻修士修了。東北芸術工科大学教授。ワークステーション一級建築士事務所を経て、1995年長野放送会館設計競技当選を機にみかんぐみ共同設立。2001年より東北芸術工科大学にて教鞭をとる。代表作に山形エコハウス、HOUSE-M他。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

イベント・セミナー全て見る>

Btn gotop