工務店・リフォーム店のお悩み解決!
すぐに役立つ実用的なノウハウや
最新情報をご提供します

TOOL

業務ごとに作業をサポートする
効率化ツール

現場で困っていた業務を少しでも効率化したいと思っていた担当者をサポート。
効率化ツールを活用すれば、無駄に時間をかけず業務改善につながります。

営業ツール

マドサーモ ~サーモカメラでできる、窓リフォームのかんたんシミュレーション

「マドサーモ」はYKK APが東京大学大学院工学系研究科の前真之研究室と共同開発、窓のサーモカメラ画像で窓リフォームの効果を生活者にわかりやすく訴求できる新しいツールです。タブレット端末に取り付けたサーモカメラで生活者の窓を撮影し、その場でサーモカメラ画像で現状の断熱状況をわかりやすく説明し、窓の断熱リフォームの提案につなげやすくすることなどが可能になります。従来生活者になかなか納得いただくことが難しかった「窓リフォーム」による効果を“見える化”できるツールとして、ぜひご活用ください!!シミュレーションの操作方法はとてもシンプルです。iPad端末にサーモカメラを取り付け、対象の窓を撮影したあと、いくつかの項目に条件を入力いただきますと、リフォーム後のサーモ画像などが端末で確認できます。(詳しい操作方法はマニュアルを参照下さい)窓リフォームのメリット・効果がわかりやすく生活者に伝えられる、操作がかんたん、早い、A-PLUG会員はシミュレーションは無料で利用可能!といったメリットがありますので、是非ご活用ください。      ■ 「マドサーモ」は、当サイト一番下の「詳細を見る」ボタンクリックで、シミュレーション画面につながります。【注意】・ ログインIDとパスワードはA-PLUG登録のID(メールアドレス)とパスワードです。・ マドサーモアプリは以下よりダウンロードください。※重要:こちらの添付ダウンロード方法を確認ください     https://www.mado-thermo.com/mado/thermo/downloadIndex  ■ ご利用にあたっては、当サイト添付の概要資料、および「マドサーモ」シミュレーション画面トップよりマニュアルをダウンロードの上、具体的な操作内容をご確認ください。【重要】 2019年4月24日アプリ(https://www.mado-thermo.com/mado/thermo/downloadIndex )をバージョンアップしました。それより以前にアプリをダウンロードされた方は、旧バージョンを削除のうえ、再ダウンロードをお願い致します。【よくあるご質問】Q. アンドロイド端末でも使用できますか?iPhone、iPadのみが対象です。Q. FLIR社以外のサーモカメラも使用できますか?FLIR社のサーモカメラのみが対象です。Q. マドサーモはアプリでしか使用できないのですか?パソコンのウェブブラウザからも利用可能です。パソコンよりhttps://www.mado-thermo.com/mado/thermo/indexにアクセスください。Q. FLIR ONEしか使えないのですか?FLIR ONE 以外のカメラ※で撮影した画像についてはアプリでなくパソコンのウェブブラウザを利用いただき、画像データをアップロードの上ご利用ください。※動作検証済み機種:C2、E8、T640Q. なかなかよいサーモ画像が撮影できない。「ご利用マニュアル」の【4.画像の撮影条件等】記載の撮影条件を十分ご確認ください。撮影条件がそろわない場合、効果的なシミュレーションを行うことが難しくなります。現場でも活用いただける「チェックシート」も活用ください。Q. マドサーモはいつ使用してもいいのですが?マドサーモは冬場の窓のシミュレーション用のツールです。また、撮影には一定の条件が必要となりますので、「ご利用マニュアル」の【4.画像の撮影条件等】をよく確認ください。Q.  アプリでサーモ画像がうまく表示されない、画像が保存できない  iPhoneのバージョンが古いと不具合が発生する場合があるため、バージョンを最新版にしてください。■ バージョン確認の手順:「設定」アイコンクリック→「一般」→「情報」:こちらの「バージョン」に現在のバージョンが表示されています。こちらがもし最新の12.0でない場合、バージョンアップをしてください。■ バージョンアップの手順:「設定」アイコンクリック→「一般」→ 「ソフトウェアアップデート」:こちらのページの一番下のボタンにてバージョンアップが可能です。(Wifi接続必要)  Q. 撮影すると、サーモ画像が真っ暗になってしまう。以下を確認ください。1:アプリが更新されていない(アプリの再ダウンロードをお願いします)2:撮影条件として、「室温>表面温度>外気温度」となっている必要がある3:キャリブレーションして表面温度が適正値になっているか確認する ※「キャリブレーション」は、サーモカメラで撮影する画面の右下にtuningというボタンがあり、それを2~3回押す作業になります。撮影時都度こちらのボタンを押すことを推奨いたします。 

S300x300 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32
CONTENTS

課題解決にフォーカスした
質の高いコンテンツ

断熱・省エネ住宅つくりに最も効果を発揮する窓の情報を中心に、
快適な住まいつくりのノウハウや情報を分りやすく発信します。
自力では検討が難しいテーマや課題解決につながる最新情報や事例を得ることができます。

設計担当者向けコンテンツ
現場監督向けコンテンツ
LOCAL
地域に役立つ情報も配信

寒さ、暑さは地域ごとに大きく違います。
断熱・省エネ住宅づくりも地方によって様々です。
地域ごとに役立つ情報を、ユーザー登録地域に合わせて配信しています。

EVENT

YKK AP主催の各種ノウハウを提供セミナーや交流会等のイベントもご参加いただけます。

YKK AP主催のセミナー、交流会に参加いただくことで、有識者による講演・トークセッション、YKK APの窓・玄関ドア、新商品などの最新情報が得られます。

イベント一覧へ
SPECIALIST

A-PLUGを支える様々な分野の
スペシャリスト

自分にあった最新ノウハウや、豊富な現場事例を効率的に得ることができます。
三浦 祐成
三浦 祐成
新建ハウジング・リノベーションジャーナル発行人。1972 年山形県生まれ、京都育ち。信州大学卒業後、新建新聞社に入社。新建ハウジング編集長を経て現職。ポリシーは「変えよう!ニッポンの家づくり」。「住宅産業大予測」シリーズなど執筆多数。住宅業界向け・生活者向け講演多数。
石川 新治
石川 新治
明治大学工学部建築学科卒業。1981年ミサワホーム株式会社に入社。技術部設計から販社営業を経て、宣伝部マネージャーとして企画広報活動全般を経験。2007年、MISAWAinternational株式会社にて200年住宅「HABITA」を展開する。住宅の工法、技術、営業、マーケティング、商品化、デザイン、広報、住まい文化など、全般に精通。現在、一般社団法人住まい文化研究会代表理事として、機関紙「おうちのはなし」を発行し、全国の地域工務店の活動を支援している。主な著作に、「おうちのはなし」(経済界)、「地震に強い家づくりの教科書」(ダイアプレス)がある。
大菅 力
大菅 力
1967年東京生まれ。早稲田大学第二文学部中退後、木材業界雑誌の出版社を経て1994年株式会社建築知識(現 株式会社エクスナレッジ)入社。月刊「建築知識」、季刊「iA」などの建築、インテリア専門誌の編集長を務める。2010年退社。 現在フリーランスとして、季刊「リノベーションジャーナル」(新建新聞社刊)の編集長を務める。主な著作に「リフォーム 見積り+工事管理マニュアル」(建築資料研究社)、「世界で一番やさしい仕上材(内装編)」(エクスナレッジ)、「心地よい住まいの間取りがわかる本」(エクスナレッジ)などがある。
市村 崇
市村 崇
1998年 日本大学理工学部海洋建築工学科卒業 大手ハウスメーカー入社 工事課配属 後輩指導とともに約350棟の施工管理に携わる。その後、スタッフ部門にて施工革新による生産向上業務、作業標準マニュアルの策定を経て退社。 2007年 設計事務所・工務店設立 自身にて注文住宅の設計、施工を請負意外に、各ハウスメーカーの軽量鉄骨ALC工法を始め、重量鉄骨、戸建て分譲の木造SE構法木造2*4工法、他木造軸組み工法の住宅現場を施工管理。 10年で管理した現場は新築、リフォームを合わせて、およそ500棟に及び多数の職人指導の実績経験がある。 2013年 住まいと土地の総合相談センター、副代表に就任 インスペクター以外にもコンストラクションマネージメント業務にも従事。 現在は、建築トラブルを抱えるクライアント複数の相談に乗る。
大村 裕子
大村 裕子
フィンランド、ヘルシンキ在住。一級建築士。 1996年北海道大学工学部建築工学科卒業。スウェーデンハウス株式会社で16年設計に携わる。主に北海道、千葉、東京にて202邸の注文住宅、別荘、店舗等を設計。 その後スウェーデン、フィンランドにて設計事務所にて住宅を設計。フィンランドの北欧建築視察専門の旅行会社を経て、現在はフィンランドの設計事務所Auer& Sandås architectsに在籍。
玉田 敦士
玉田 敦士
文学青年が、ある公立大学の紛争を機に建築にはまり、実地図面は勿論、職人の心を読みこなす術を習得。01年「Car&HOME」誌で愛するクルマと家を建てる建築コスト付き実例集が話題を呼び、単一LGSパネルを組み合わせて空間構成するレゴ建築を考案。以降LDK inc.代表としてLGSシステムを活用した店舗、個人住宅、集合住宅、別荘を多数建築。2016年9月より「デイトナハウス」としてボランタリーチェーンを運営中。
SUPPORT

工務店・リフォーム店営業支援サービス
A-PLUGサポートデスクを新設

A-PLUGサポートデスクとは、貴社に代わりお客様をサポートするA-PLUG会員限定の有料サービスです。
24時間365日のオーナー様緊急対応が可能です。
各種サービスを一元的に受付し、対応履歴はクラウド型で顧客情報を記録一元管理します。

オプション追加で各物件に合ったサービスもございます。

今すぐ使える最新情報や
ツールをぜひご活用ください