A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/05/28 08:45 - No.1052


第1回 全館空調のメリットと注意点 前編


S100x100 img specialists04
全館空調で快適・省エネな暖冷房を
前 真之

2021/05/28 08:45 - No.1052

 



アフターコロナの今日では在宅勤務が増え、家で過ごす時間が長くなっている中、住まいの快適性や省エネに関心が高まっています。

建物の断熱性能は、窓の高断熱化を中心に、近年急激に向上してきました。さらなる健康・快適な住環境を実現するため、全館空調が注目されています。

日本ではあまりポピュラーでなかった全館空調ですが、最近になって様々な方式が続々登場しています。本連載では5回に分けて、全館空調の良さを上手に生かした、健康・快適で省エネな暖冷房計画を考えてみます。


1、 全館空調のメリットと注意点(本稿) 

2、 全館空調の方式と特徴

3、 空気と熱の基礎知識

4、 全館空調と断熱で暖房を快適に

5、 全館空調と日射遮蔽で冷房を快適に




壁掛エアコンの短所を解決する全館空調

日本で冷房機器といえば、なんといっても「壁掛クーラー」です。最近では暖房もできるようになった「壁掛エアコン」で、冷房と暖房の両方とも賄う場合が増えてきました。

壁掛エアコンは1台あたりの単価は安く、設置や交換も容易です。間仕切られた個室への設置も問題なし。部屋ごとにリモコンで発停や温度・風量の調整が容易で、空調能力も十分(というか過大)です。

このように、壁掛エアコンには多くの長所があるのですが、欠点も少なくありません。

室内の吹出口から直接大風量で吹き出すため、身体に温風・冷風が直接あたります。また、部屋の中での温度や気流のムラが大きく、快適な暖冷房を行うのが得意ではありません。さらに、各部屋に壁掛エアコンを設置すると、ほとんどの運転時間が低負荷となり、エネルギー効率も低下して電気代もかさんでしまいます。

最近の高断熱住宅では、こうした壁掛エアコンの欠点が顕著になってきました。これらを解決するため、より快適で省エネな暖冷房のために、全館空調が注目されています。

[壁掛けエアコンの特徴]


壁掛エアコンの欠点を全館空調は解決できる]



壁掛エアコンは簡便で最も一般的な方式ですが、多くの問題点があります。

全館空調は適切に設計すれば、壁掛エアコンよりも快適で省エネな暖冷房が可能ですが、断熱・日射遮蔽といった建物性能の確保が欠かせません。

 
S100x100 img specialists04
前 真之さん
東京大学

東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 准教授。1975年生まれ。1998年東京大学工学部建築学科卒業。2004年建築研究所などを経て29歳で東京大学大学院工学系研究科客員助教授に就任。2008年から現職。空調・通風・給湯・自然光利用など幅広く研究テーマとし、真のエコハウスの姿を追い求めている。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop