A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/07/19 11:19 - No.1053


第2回 全館空調のメリットと注意点(後編)


S100x100 img specialists04
全館空調で快適・省エネな暖冷房を
前 真之

2021/07/19 11:19 - No.1053

 
アフターコロナの今日では、在宅勤務が増え、家で過ごす時間が長くなっている中、住まいの快適性や省エネに関心が高まっています。建物の断熱性能は、窓の高断熱化を中心に、近年急激に向上してきました。そして、さらなる健康・快適な住環境を実現するため、現在注目されているのが全館空調です。日本ではあまりポピュラーでなかった全館空調ですが、最近になって様々な方式が続々登場しています。そこで、本連載では5回にわけて、全館空調の良さを上手に生かした、健康・快適で省エネな暖冷房計画を考えてみます。今回は、テーマ「全館空調のメリットと注意点」の後編をお送りします。◎連載テーマ一覧1、 全館空調のメリットと注意点(本稿) 2、 全館空調の方式と特徴3、 空気と熱の基礎知識4、 全館空調と断熱で暖房を快適に5、 全館空調と日射遮蔽で冷房を快適に(「全館空調のメリットと注意点」の前編はこちら)◆壁掛エアコンは不快のデパート4つの快適条件、さらに作用温度を理解したところで、壁掛エアコンによる暖房を分析してみましょう。壁掛エアコンは、快適な暖房を実現するには元々不利な方式ですが、低断熱・低気密住宅とセットになると、まさに「不快のデパート」というべき悲惨な室内環境になってしまいます。壁掛エアコンは普段はOFFで、在室する時だけONにする「間欠運転」がほとんどです。暖房が切られている間に、床や壁・天井の放射温度は冷え切っているので、作用温度を確保するには空気温度をむやみに上げるしかありません。この高温の空気が高いところにある壁掛エアコンから大風量で吹き出すのですから、たまったものではありません。熱風が顔を直撃して、強烈な乾燥感を目や鼻・喉に感じさせてしまいます。さらに悪いことに、高温の空気は軽いので足元に届かず、床 ..
 
S100x100 img specialists04
前 真之さん
東京大学

東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 准教授。1975年生まれ。1998年東京大学工学部建築学科卒業。2004年建築研究所などを経て29歳で東京大学大学院工学系研究科客員助教授に就任。2008年から現職。空調・通風・給湯・自然光利用など幅広く研究テーマとし、真のエコハウスの姿を追い求めている。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop