A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/05/11 10:09 - No.1043


第2回 工務店が手がける住宅デザインとは


S100x100 syuhitsu
住宅デザイン・テクニック!~地域工務店が売れるための住宅デザイン
石川 新治

2021/05/11 10:09 - No.1043

 
住宅デザインを語ろうとするのは、とても難しいものです。その難題の住宅デザインについて、書いてみたいと思いました。できれば住宅の担い手である地域工務店の経営を観点にして住宅デザインを考え、工務店にもできるテクニックとしてまとめてみたいと思います。(前回記事はこちら)◆建築家のいない建築工務店が売れるための住宅デザインをタイトルにして語るのは簡単ですが、デザインそのものにはさまざまな解釈の差もあり、整理するのは難問です。まずは、次の1枚の住宅写真を見て、どのように感じるでしょうか? 「ずいぶん古臭い家だ」 「現代ではとても住めない」 「近くにもこんな家がある」 「これはこれで、カッコいいかも」たくさんの声が聞こえてきそうですが、現存する日本最古と推定される住宅のひとつで、兵庫県神戸市にある箱木家住宅です。江戸時代から『千年家』と呼ばれ、約700年前の室町時代の建立とされ、国の重要文化財にもなっています。サッシも畳もなかった時代の建物が、今の人に住みやすいとはいえるはずもなく、展示物にすぎません。でも、近年まで長い期間、人が暮らしてきたことも間違いありません。では、この千年家は、デザイン的に見たらどうでしょうか?屋根の勾配を始めとして壁とのバランスや、右の無窓壁と縁側の対比も絶妙で、現代のモダンデザインにも通じていると感じるのは私だけでしょうか。単純な急勾配寄棟にするとシンプルが過ぎ、茅葺屋根の棟飾りや置千木があるからこそ、低くて長い軒先とのバランスが取れています。軒先のライン、玄関のセットバック、縁側のパーツのプロポーションもそれなりにバランスが取れています。なによりも現代の住宅部品では、実現できないデザインでもあります。多くの人が美しさを感じるからこそ、文化財として残される理由に ..
 
S100x100 syuhitsu
石川 新治さん
一社)住まい文化研究会

明治大学工学部建築学科卒業。1981年ミサワホーム株式会社に入社。技術部設計から販社営業を経て、宣伝部マネージャーとして企画広報活動全般を経験。2007年、MISAWAinternational株式会社にて200年住宅「HABITA」を展開する。住宅の工法、技術、営業、マーケティング、商品化、デザイン、広報、住まい文化など、全般に精通。現在、一般社団法人住まい文化研究会代表理事として、機関紙「おうちのはなし」を発行し、全国の地域工務店の活動を支援している。主な著作に、「おうちのはなし」(経済界)、「地震に強い家づくりの教科書」(ダイアプレス)がある。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop