A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/03/25 10:55 - No.1029


第4回  足かけ4年で機械式駐車場の撤去・平面化を実現したマンション


S100x100 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%b0%8f%e5%86%99%e7%9c%9fdsy 1448
知らないと損する!マンション管理組合の現場レポート
村上 智史

2021/03/25 10:55 - No.1029

 


クルマ離れで苦境に立たされるマンション管理組合が増えている

マンションの住戸数に対する駐車場設置率は、首都圏では2007年をピークにその後下落に転じ、2016年以降は4割台まで落ち込み、低下傾向に歯止めがかからない状況です。特に東京都区部では、2007年の56%をピークに、2016年以降は2割台にまで低下しています。(下図参照)


(2017年9月 不動産経済研究所調べ)

その背景には、若者のクルマ離れや高齢化の進行に伴いクルマを持つ人が減っていることや、公共交通機関の充実やカーシェアリングの普及等で「クルマを持たないライフスタイル」が広まったことがあるようです。

こうした影響を受け、昨今では駐車場の空き区画の増加で苦境に立つ既存マンションが増えています。マンション内の駐車場については、管理費とは別に利用者から使用料金を徴収し、管理組合の重要な収益源として維持管理や修繕の費用に充てているからです。

また、マンションの場合、敷地面積の制約から立体式の駐車設備を導入するのが一般的です。
そのため、空き区画の増加で単に収入が減少するだけでなく、設備の保守点検費用や修繕費用は負担し続けなくてはならないという問題ものしかかってきます。


機械駐車場の撤去・平面化に踏み切った築21年目のマンション

都内にある筆者の顧問先のマンションでは、今年の1月に機械式駐車設備を撤去し、平面化する工事を実施しました。

このマンションには、平置きの駐車場のほかにも機械式駐車場が9台分(3段ピット式・3区画)ありましたが、そのうち7台が長らく空き区画となっていました。
そのため、駐車場収入が満車時と比べると年間2百万円強も減少している状況にあり、管理組合の財政をかなり圧迫していました。

このままでは管理費の値上げも余儀なくされることも懸念されましたが、筆者が管理コストの見直しのコンサルティングに着手し、割高な管理委託費について管理会社との減額交渉に成功したため、当面の財政問題についてはリスクを解消できました。

ただ、遊休化してしまった駐車設備については、今後も保守点検費のほか、各種部品や電気制御装置、パレットの入替えといった多額の修繕費の負担を強いられます。

そのため、この管理組合では、執行機関である理事会を中心にこの空き区画対策について様々な検討を行なっていました。

 
S100x100 %e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%b0%8f%e5%86%99%e7%9c%9fdsy 1448
村上 智史さん
株式会社 マンション管理見直し本舗

株式会社 マンション管理見直し本舗 代表取締役社長 村上智史 東京都マンション管理士会所属 マンション管理士・中小企業診断士・宅地建物取引主任者 1964年京都府出身。早稲田大学商学部を卒業後、1987年4月三井不動産に入社。土地オーナーとの共同事業、ビル賃貸事業、Jリート(不動産投資信託)の立ち上げに従事したほか、投資顧問会社出向等を経て2013年3月退職し、同年4月より現職。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

イベント・セミナー全て見る>

Btn gotop