A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/07/21 08:37 - No.835


第3回 接合部の重要性(その1)


S100x100 unnamed
動画でわかる!木造住宅の耐震性能
中川 貴文

2020/07/21 08:37 - No.835

 
(前回記事はこちら)木造住宅の耐震補強の際に柱の上下端の接合部(柱脚柱頭接合部)を金物で基礎や土台に接合することが重要であると言われています。新築の木造住宅でも部位によってホールダウン金物などによる接合が法令(いわゆるN値計算)で義務付けられています。接合部は木造住宅の耐震性能にどれほど影響を与えるのでしょうか?今回は接合部について解説します。【接合部設計の基本】地震による力は水平方向に作用しますが、地震で家が倒れないように所定量の耐力壁を設置するのが木造の耐震設計の基本です。耐力壁が強ければ壁倍率が高くなり壁の量を減らすことができます。しかし、あまり強すぎると周辺の部材、特に接合部に影響を及ぼします。下の図のように壁が弱いと壁がひし形に変形(せん断変形)して行きますが、壁が強いと壁を回転しようとする力が強くなります(豆腐を横から押したときとブロックを横から押したときを想像してみて下さい)。壁が強ければ強いほど回転する力が大きくなり接合部が弱いと破壊してしまいます。回転して転倒することも地震被害拡大に繋がります。回転を抑えるためには柱の端部の接合部を強くする必要があります。これが接合部の耐震設計の基本です。【地震被害と接合部仕様】接合部を設計する方法としてN値計算が広く普及していますが、N値計算が考案されたのは2000年の建築基準法改正のタイミングです。それまでは接合部に対して明確な基準はありませんでした。次のグラフは前回紹介した熊本地震での益城町中心部の木造住宅の被害状況とその要因を調査したものです。2016年熊本地震における益城町中心部の木造住宅の被害(※1)1981年以降に建てられた建物は新耐震基準と呼ばれ、現行の必要壁量は満たしているのですが、左のグラフによると2000 ..
 
S100x100 unnamed
中川 貴文さん
京都大学生存圏研究所

2003年東京大学大学院修了後、民間企業を経て、2005年より国土交通省国土技術政策総合研究所及び建築研究所にて木造の耐震の研究に従事。2010年に「wallstat」の無償公開を開始。2018年より現職。2019年文部科学大臣表彰。博士(工学・農学)。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

最新の投稿一覧全て見る>

Btn gotop