A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2018/08/10 17:41 - No.238


第3回 窓リフォームでヒートショック予防を!【最終回】


S100x100 unnamed
住宅ライターがレポート!『樹脂窓のチカラ』
ともこ @住宅ライター

2018/08/10 17:41 - No.238

 
ともこ@住宅ライターです。最近、「ヒートショック」という言葉をよく聞くようになりました。ヒートショックは、急な寒暖差で血圧が大きく変動して健康を害してしまうことです。寒暖差の大きい場所、例えば、浴室などで多く発生していて、失神や不整脈を起こしたり、急死に至るケースもあるんです。ヒートショックという死因はありませんが、入浴中の心肺停止の主な原因は、ヒートショックだと言われています。厚生労働省の研究班による調査では、入浴中の事故死の数は年間約19,000人とされていて、これは増加傾向にあります。そして、よく比較されているのが「交通死亡事故」なのですが、全国の交通事故死者数は3,904人(平成28年中)で、これは減少傾向にあります。飲酒運転に対する規制が厳しくなったり、自動車の性能が上がったのも要因のひとつと言われています。----------------------------------------------入浴中の事故死約19,000人交通事故死者数3,904人----------------------------------------------道路で亡くなる人より、お風呂で亡くなる人の方が圧倒的に多いのが分かりますね。まさか、家の外より、家の中の方が危険だったとは驚きです!単純に考えたら交通事故死の対策と同じように、住宅に対する規制を厳しくしたり、住宅性能を上げたらヒートショックが減りそうな気もします。続きまして、「入浴中の事故死」県別ランキングを見てみましょう。引用元:平成26年3月26日 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター プレス発表資料よりこちらのデータによると、1位は意外にも、香川です。2位は兵庫、3位は滋賀。ワースト3は、すべて温暖なイメージ ..
 
S100x100 unnamed
ともこ @住宅ライターさん
フリーランス住宅ライター

フリーランス住宅ライター編集者。広島県出身。愛媛県在住。タウン誌営業→スノーボードインストラクター→住宅誌営業(現 株式会社KG情報/家づくり学校)→フリーに。住宅誌づくりを通じて住宅の面白さにハマる。現在は主に一般向けの住宅誌や住宅サイトで執筆中。ママと暮らしのデザイン社所属。省エネ建築診断士。twitter/ともこ@住宅ライター。有料note/工務店向け!これは真似できる「一条工務店の集客術」(https://note.mu/tomoko_house/n/n253526d8a40f)を発売中。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop