A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2019/01/29 11:39 - No.376


第5回 建築写真撮影テクニック!「❹撮影時間やその場所の環境等を考慮する」


S100x100  dx 0061
写真ひとつでこんなに違う!「住宅会社のためのセルフプロデュース講座」
田岡 信樹

2019/01/29 11:39 - No.376

 
今回はいよいよ最終回となる4つ目のテクニックを解説致します。それは建築を撮る上で重要なのは「撮影時間やその場所の環境等を考慮する。」という事です。この事は一般的に我々、建築写真家よりも実はその建築の現場に携わってきた建築会社の皆さんの方が一番理解していると言えます。例えば、外観を撮影する上で建物がどの向きで建っているのか、もしくはメインとなる外観の向きはどの方向を向いているのかという事です。室内でも窓の位置や照明器具の色温度やカーテンの有る無しなど建物の様々な環境により撮影条件は変わってきます。上のような青空の外観撮影を撮りたい場合は基本的に太陽の位置が撮影者の背中側にあるのがベストです。そうでないと一般的には逆光になりやすく撮影自体が難しくなります。逆光になる場合は晴天時よりも曇天の方が実は建物を綺麗に撮れるという事も頭に入れておくと良いでしょう。建物の向き別のベストな撮影時間帯は下記の通りですので参考して下さい。❶東向きの外観 ⇒ 早朝から正午前。❷南向きの外観 ⇒ 正午前後。❸西向きの外観 ⇒ 正午過ぎから日没前。❹北向きの外観 ⇒ 早朝もしくは日没前但し、南向きの外観でも、例えば撮影者の更に南側に大きな建物やその他の影になるようなモノがあると、必ずしもこの時間帯がベストだとは言えません。予め周辺の環境やベストな時間帯を把握しておいた方が良いと言えます。続いて室内においては照明の色温度を考慮に入れておきましょう。例えば、電球色の多い室内では一般的に白色のモノが白色に見えません。暖かみを残して撮りたいのであれば別ですが、光源の色温度にかかわらず白色を白色に表現できるように撮影する際にはホワイトバランス(WB)を調整して撮影する事をお勧めします。カメラには一般的にWB機能が付 ..
 
S100x100  dx 0061
田岡 信樹さん
アーキフォト株式会社

建築写真家・工務店プロデューサー 田岡 信樹 アーキフォト 株式会社 代表取締役 一般社団法人 日本建築プロデュース協会 代表理事 芝浦工業大学工学部建築工学科卒。ミサワホーム株式会社に技術入社。その後、住宅・店舗建築の工務店で住宅建築プロデュース活動を開始。1999年に工務店による「建築家で建てる家」のプロデュース事業を開始。住宅建築業界での先駆けとなる。 その後、建築会社で営業部長、経営企画室長を歴任、集客プロモーション活動の上で「デジタル写真撮影」の活用方法と重要性を早くから実践し推奨する。2006年建築写真のデジタル撮影に特化したアーキフォトを創業、集客できる建築写真への造詣を深め、自ら写真家としてのスキルを磨き、200社を超える建築会社、建築関連会社から直接の撮影依頼をこなす等、年間の撮影件数は300件を超える。 2013年には建築プロデュース概念の確立と普及促進支援を目指して一般社団法人日本建築プロデュース協会を設立、代表理事に就任。各種セミナー、講座を通じて建築プロデューサー資格者等の人材育成に力を注いでいる。 また、自ら運営するFacebookページは現在、約66万いいね!数を誇り、Facebook日本人写真家ランキングでは全国1位のファン数を誇る。 2015年電子書籍による建築写真集「一生に一度は行きたい日本の名建築」シリーズを世界13ヶ国に同時リリース、日本の建築を海外にも広く紹介している。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop