A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2022/07/07 07:30 - No.1197


第4回 RoomClipの検索行動をクラスタリングして分かった、5つのユーザーペルソナ


S100x100 %e6%b0%b4%e4%b8%8a%e6%b7%b3%e5%8f%b2 %e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f  1
RoomClipで読み解く暮らしのトレンド
水上 淳史

2022/07/07 07:30 - No.1197

 
月間600万人が利用する住生活領域に特化したソーシャルプラットフォーム「RoomClip(ルームクリップ)」のビックデータをもとに、リアルな住まいと暮らしのトレンドをご紹介していきます。暮らしや住まいにこだわりを持つユーザー層が集まるRoomClipでは、様々なキーワードで検索がされています。どのような人々が、どのような検索をしているのでしょうか?分析の結果、大きく5つのユーザーグループに分類できることがわかりました。連載4回目となる今回は、各ユーザーグループの特徴を、検索キーワードや保存をしている投稿などの情報を紹介します。◆クラスタリングとは本題に入るまえに今回の分析に用いたクラスタリングについて簡単にふれておきます。ある集合を「クラスタ」という部分集合に分けることを、「クラスタリング」と呼びます。この時、クラスタは以下の性質を持ちます。1. 同じクラスタ内の対象は互いに似ている2. 違うクラスタにある対象は似ていないクラスタリングについて理解するにあたって重要となるのが、各クラスタの意味や中身は事前に定義されておらず、後から解釈する必要があるということです。 というのも、クラスタリングは探索的なデータ解析手法であって、分割は必ず分析者による何らかの主観や視点に基づいているからです。例えば「北欧好き」のクラスタがあったとして、このクラスタは「ホワイト好き」のクラスタとも解釈できるかもしれません。どちらの解釈も正当化される可能性があり、これは普遍的でも客観的でもありません。手法によっては、そもそも「北欧好き」のクラスタは出現しないかもしれません。このように、クラスタの解釈は複数存在し得るわけです。それでは、正しいクラスタ数はどのように決めればいいのでしょうか。クラスタリング分 ..
 
S100x100 %e6%b0%b4%e4%b8%8a%e6%b7%b3%e5%8f%b2 %e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f  1
水上 淳史さん
ルームクリップ 株式会社

SIer、フリーランスのエンジニアを経て、2015年にルームクリップに参画。SEO、SNS、広告などユーザー向けマーケティングの立ち上げに携わったのち、2018年からメディア、イベント、ウェビナーなどの企業向けマーケティングの立ち上げに従事。2021年からRoomClip住文化研究所、ブランド室、マーケティングソリューション事業部マネージャーを兼任。生活者と企業をつなぐ取り組みを数多く手がける。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

イベント・セミナー全て見る>

Btn gotop