A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2019/09/26 14:31 - No.580


最新テクノロジー、現場で活躍


S100x100 pic13851
リフォーム関連ニュースまとめ読み(解説付き)
リフォーム産業新聞社 取材班

2019/09/26 14:31 - No.580

 
リフォーム産業新聞 1377号 (2019/09/16発行) 1面最新テクノロジー、現場で活躍最新テクノロジー、現場で活躍 外壁のひび割れは人間ではなくAIが診断する。リフォーム事業を効率化するためのさまざまなテクノロジーが登場してきている。建設業に関わる労働者が減少する中、最新技術で業界の課題を解決しようと試みる企業をリポートする。壁面の撮影画像に検出されたひびが表示される「ひびみっけ」壁面診断「ロボ」も登場 富士フイルム(東京都港区)が提供する社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」が注目を集めている。18年4月のリリースから1年半ほどで、利用者数は500ユーザーを突破した。 「ひびみっけ」は、撮影画像からコンクリートのチョークとひびをAIを活用した画像診断によって検出するサービス。これを利用することで「従来の点検業務に比べて作業時間を3分の1以下に短縮することができる」(広報)。橋梁やトンネルといった社会インフラの点検を中心に利用されているが、団地や公共・商業施設などのコンクリートが多く露出している建物の診断業務にも利用が広まっている。利用方法は、調査したい構造物のコンクリートの表面を撮影し、その画像を専用ソフトを使ってサーバーにアップロードするだけ。 一定時間が経過した後に、チョークや幅0.1㎜以上のひび割れを自動検出した結果が表示される。また、ひび割れの検出結果のCADデータの作成を自動で行うことができたり、ひび1本ごとの長さと幅を試算したりすることも可能だ。そのため報告書や補修計画の作成をスムーズに行うことができる。 利用料金は1ショットあたりチョークで800円~、ひびで400円~。4000万画素のカメラを使えば、1ショットでチョークの場合は14.4平米、ひびの場 ..
 
S100x100 pic13851
リフォーム産業新聞社 取材班さん
株式会社リフォーム産業新聞社

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop