A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/03/10 11:28 - No.723


第29回 フィンランドの住宅のトレンドは?|ハウジングフェア2019(その2)


S100x100 yuko omura%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
北欧住宅事情(フィンランドから)
大村 裕子

2020/03/10 11:28 - No.723

 
フィンランド、ヘルシンキ在住の大村裕子です。フィンランドの建築について住宅を中心に、建築士の視点でレポートしていきます。引き続きハウジングフェア2019についてレポートします。(前回の記事はこちら)シニアが集まって住む住宅 No25  ハウジングフェア2019の目玉企画の1つは、シニアが集まって住む住宅です。1棟は4戸で構成され、全部で8棟あり合計32戸となっています。単身、または2人で住むことできます。 Photo: ハウジングフェア ホームページより。http://asuntomessut.fi/messukodit/talo-esikko/Photo: パンフレット Deko 2019/7 より1棟のプランです。床面積は143,5㎡、平屋建てです。A1‐A4の個室にはそれぞれキッチン、トイレシャワーがあります。A1、A3、A4は単身用の大きなワンルームです。A2は寝室が別になっていて、2人で住みます。4つの個室の中心には、共有のリビングルームがあります。上図の左角にあるのは、共有サウナです。フィンランド人にとって、サウナは欠かせません。Photo: Finnish Housing Fair, photographer TAVATON media共有リビングルームPhoto: Finnish Housing Fair, photographer TAVATON media個室Photo: Finnish Housing Fair, photographer TAVATON media 個室コミュニティスペース No27 このシニア住宅群の隣には、別棟でコミュニティスペースがあります。住民が集まってミーティングをしたりくつろいだりできるようになっています。55.5㎡の平屋で、 ..
 
S100x100 yuko omura%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
大村 裕子さん
Auer& Sandås architects

フィンランド、ヘルシンキ在住。一級建築士。 1996年北海道大学工学部建築工学科卒業。スウェーデンハウス株式会社で16年設計に携わる。主に北海道、千葉、東京にて202邸の注文住宅、別荘、店舗等を設計。 その後スウェーデン、フィンランドにて設計事務所にて住宅を設計。フィンランドの北欧建築視察専門の旅行会社を経て、現在はフィンランドの設計事務所Auer& Sandås architectsに在籍。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop