A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2017/12/13 10:57 - No.174


第1回 イントロダクション


S100x100 pht dummy 02
プロは「シャッターチャンス」を見逃さない
土田 英生

2017/12/13 10:57 - No.174

 
窓シャッターが増えている。そう気づいている方は多いかもしれません。しかし、「手動」ではなく、便利な「電動」が増えてきていることをご存知な方はどれほどいらっしゃるのでしょう。実際にお住まいで使ってみて、電動タイプの良さを実感している方は非常に多いようです。窓シャッター同様に雨戸も、窓の外側に付けることで、防犯性を高めたり、耐風対策としても有効ですが、近年では住宅の洋風化などにより、そのほとんどがシャッターに変わっています。 [雨戸とシャッターの採用率推移 [ YKK AP調査データ ] シャッターは今や、雨戸にかわり防犯はもちろん、耐風、そして防火地域での対応商品としても数多く使われています。 また、住まいを取り巻く環境で気になるもののひとつとして「自然災害」があげられます。地球温暖化の影響からか台風の大型化や竜巻現象等も発生頻度が高まっているようです。特に竜巻などで窓ガラスが割れ、吹き込む風によって屋根まで破壊されるケースも見受けられます。窓シャッターはこの様な竜巻や突風などで発生する飛来物から窓ガラスを守る「防災対策」としても非常に有効です。 さて、本題です。貴店ではリフォームにおける電動シャッターの快適性・利便性などをご提案していらっしゃいますか?“電動シャッター”で多くのお困りごとが解決できることをお施主さまは知っていますか?知らない方がまだまだ多いのではないでしょうか。“電動シャッター”をお施主さまの選択肢に入れていただくことで、どれほどリフォーム単価アップのチャンスが広がるでしょうか?リフォームのプロは“電動シャッターの提案チャンス”を逃しません。A-PLUGでは電動シャッターに関しまして、選りすぐり情報を数回にわたりお届けいたします。 電動シャッターの「見落としがち ..
 
S100x100 pht dummy 02
土田 英生さん
YKK AP株式会社

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop