A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/01/07 09:06 - No.667


松尾和也氏「高性能住宅が前提の時代になってきた」(後編)


S100x100 tomoko
APWフォーラム講師による「家づくり講座」
ともこ @住宅ライター

2020/01/07 09:06 - No.667

 


ともこ@住宅ライターです。今回は「APWフォーラム2019大阪会場」で行われた、松尾和也さんによる講演を前後編でレポートします。(前編はこちら

松尾さんは今回、高性能住宅が前提となりつつある今と、その必要性を説明するツールの進化について語られています。

「今までの講演とは、ほとんど違う話をしてみようと思いますので、最後までどうぞお付き合いください」と松尾さん。講演レポート後編は、見せ方とシュミレーションについて詳しくお話しされています。


170424a2

一般社団法人 パッシブハウス・ジャパン
理事
松尾 和也 氏

1975年 兵庫県出身1998年 九州大学工学部建築学科卒業(熱環境工学専攻)
現在、株式会社 松尾設計室 代表取締役、JIA登録一級建築士 設計活動の他、「日経アーキテクチュア」「建築知識」「新建ハウジング」等の専門誌の執筆活動や「断熱」「省エネ」に関する講演を行っており、受講した設計事務所、工務店は延べ5,000社を超える。著書に「ホントは安いエコハウス」、「あたらしい家づくりの教科書」がある。


第三者評価とシミュレーション

前編で「お客様はポエム合戦に巻き込まれて迷子になりうる」というお話しがありましたね。それと同じようなことですが、お客様は「省エネ、高断熱、高耐震」など、どこへ行っても似たコピーを目にするようになっています。

これでは、「本当にどこでも大丈夫?もし差があるとしたら実際どこがいいの?」となってしまいます。となると、もうお客様が信じられるのは、レビューや口コミといった「第三者評価」と「シミュレーション」に絞られてくるわけです。


松尾さんが実際に大手ハウスメーカーと一騎討ちになったとき、「普段は出さないのですが、温熱シミュレーションを提示して、7000万円の住宅がとれました」というエピソードを紹介されていました。

つまり、シミュレーションは、営業でも有効だということが分かります。

なかには、「うちはUA値を表示しているから大丈夫」と思われた人もいるでしょう。ですが「そのUA値にしたらB社と比べてどのくらいお得ですか?」という問いに「何円違います」と即答できないのなら、「UA値を表示することに大した意味はない。本当は一棟ずつした方がいいが、最低でもモデルプランにおける冷暖房費の差額は計算しておく必要がある」と松尾さん。

なぜなら、お客様が納得できるのは「円(電気代)と温度」だから。たしかに、専門的な単位を聞いてお客様が腹落ちできるのかといえば、少々疑問が残りますよね。

では、どのような見せ方が有効なのでしょうか。松尾設計室が実際に活用されている「円」に換算した例を見てみましょう。

 
S100x100 tomoko
ともこ @住宅ライターさん
フリーランス住宅ライター

フリーランス住宅ライター編集者。広島県出身。愛媛県在住。タウン誌営業→スノーボードインストラクター→住宅誌営業(現 株式会社KG情報/家づくり学校)→フリーに。住宅誌づくりを通じて住宅の面白さにハマる。現在は主に一般向けの住宅誌や住宅サイトで執筆中。省エネ建築診断士。twitter/ともこ@住宅ライター。有料note/工務店向け!これは真似できる「一条工務店の集客術」(https://note.mu/tomoko_house/n/n253526d8a40f)を発売中。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop