A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/03/31 08:05 - No.1034


第6回 「工事監理」の重要性を知ろう!


S100x100 ykk aplug omura
~思考が変われば現場施工も変わる!~NEXT STAGEが監修する施工管理メソッド
小村 直克

2021/03/31 08:05 - No.1034

 
住宅を製造する上でのプロセス管理を「施工管理」や「現場管理」、そして「工事管理」などと、様々な言葉で表現されます。 私自身は「監理」と「管理」という概念が全く違うことを理解しているので、「工事管理」という表現はできるだけ控えるようにしています。 そこで今回は、「工事の監理」と「工事の管理」の意味合いを混在させないよう、そしてお互いの大切な役割というものを絶対に見失わないためにも、本章でこれらの概念を整理し、ここでしっかりと学んで頂けたらと思います。 下記の図表を見てみましょう。 これは「野丁場工事」といわれる分野での管理体系となります。 いわゆるゼネコン等がこれにあたると思います。 設計者が描く設計図書を中心に発注者との請負契約内容をしっかりと製造物に反映させていくためにも、適切な工事監理を行う必要があるということなのです。 これは請負会社としての一番大切な役割です。 そして、現実的に多くの専門工事会社の力を借りながら設計図書通りに確実な施工を進めていくためにも施工者全体のマネジメントが必要となり、それが「施工管理」という役割となり、またその総責任者に当たる役割が現場監督という位置づけとなるのです。 上記の図表のフローのように、万一施工管理側で仮に納まらない箇所や詳細等の質疑は、工事監理者を通じて設計者に戻り、そして確実に是正しフィードバックされていく相互機能こそが元請けとして一番重要な工事監理の役割であることをここで認識しておきましょう。 では、下記の図表を見てみましょう! これは皆様の手掛けられている一般戸建住宅は、「町場工事」という分野となります。 皆様が日々、住宅を製造していく上で引き起る課題やギャップと ..
 
S100x100 ykk aplug omura
小村 直克さん
株式会社 NEXT STAGE

新卒後、大手ハウスメーカー、建販商社で勤務。2006年に株式会社NEXT STAGEを創業。 第三者検査事業を中心に当初スタートしたが、現場監督や職人達のスキルや求心力、そして品質向上が出来ない対処サービスであることに限界を感じ、業界初の施工品質監査という手法を用いた独自のナレッジマネジメントサービスを構築する。 現在では、全国8拠点、800社を超えるビルダーがサービスを導入し、2020年より施工に特化した学習環境や品質向上環境のITプラットフォーム事業を展開し、製造価値へのDX化を目指す建築技術コンサルティング企業である。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop