A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/02/16 07:44 - No.1005


第1回 京町家×IOTで生まれ変わる京ぐらし


S100x100 logo
戸建性能向上リノベーション ~事例から学ぶ設計ノウハウ
A-PLUG 事務局

2021/02/16 07:44 - No.1005

 


京町家の基本性能を新築同等以上に高め、開放的な間取りを実現。土壁に対する断熱改修など町家独自の改修手法を見ていく。

事業主・企画=平安建材株式会社
設計施工=平安建材株式会社



 

京都市伏見区にある世界文化遺産、醍醐寺の真向かいにある築100 年超の京町家のリノベーション事例。

この住宅は「京ぐらし」ネットワークとYKK APのリノベーションのモデルハウスとして計画された。

京町家をゲストハウスなど商業用途に改修する事例は非常に多いが、それらは採算性が重視されるため、本格的なリノベーションはほとんど行われない。住宅としての京町家を継承し、次代につなぐためには、耐震や断熱などの性能を向上させて暮らしやすさや快適性などを付与した取り組みが不可欠だ。

本事例はそうした事例の1つ。まずは間取りを一次取得者のニーズを踏まえ、既存の建物から大幅に刷新した。1階にはオープンLDKを設け、キッチン脇にパソコンデスクも備えた。2階にはフレキシブルに活用できる畳スペースも設けた。



既存の外観。左側が明治40 年に建った部分。右側が増築部分。いずれも瓦屋根


既存の屋根は瓦屋根。降棟が湾曲している(左)
前面道路から外観を見る。屋根は軽量瓦に葺き替える(右)

既存建物の半分は明治40年に竣工し、もう半分は昭和40年に増築。その後も細かい改修を繰り返している。

既存建物には水まわりをはじめ築年数に応じた軸組の傷みがあり、筋かいの厚みも薄く、途中で切れている箇所もあった。耐震性の面では不安が残る状態であった。

耐震改修に先立ち、なるべく土壁を残すように解体を進めた。そして建入れ直しをして建物の垂直を矯正する際に土壁が落ちた場合は土壁を撤去した。

スケルトン状態に解体したところで軸組の状態などを確認し、耐震や断熱などの性能向上リノベーションを施していった。


2階の天井を落とすと丸太の小屋組みが出てきた(左)
解体後の1階の様子。増築部分を含めて壁は土壁(右)

 
S100x100 logo
A-PLUG 事務局さん
YKK AP株式会社

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop