A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2018/08/06 10:09 - No.243


第14回 大型公共図書館オーディ、2018年12月誕生


S100x100 yuko omura%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
北欧住宅事情(フィンランドから)
大村 裕子

2018/08/06 10:09 - No.243

 
フィンランドのヘルシンキ在住の大村裕子です。フィンランドの建築について住宅を中心に、建築士の視点でレポートしていきます。ヘルシンキ市中心部に多目的図書館今回紹介するのは、2018年12月完成に向けて工事が進められている図書館オーディです。建設地はヘルシンキ中央駅すぐ裏で交通の便もよく、ミュージックセンター、美術館などが隣接する文化的なエリアです。ヘルシンキ市の公共図書館で、誰でも利用することができます。図書館といっても、本を借りるだけの場所ではありません。3階建ての建物の中には様々サービスが用意されています。1)本を借りる、読む3階に主な図書の機能があります。約100,000冊あり、言語はヨーロッパのメインの言語、アラビア、ロシア、中国語等。新聞、雑誌、タブレットもあります。Photo: ALA Architects2)工作や手芸をする 3Dプリンター、レーザーカッター、ミシンなどさまざまな道具が利用できます。3)ミーティングをする、働く勉強するスペース、フリーランサーのための働くスペース、ミーティングスペースがあります。Photo: ALA Architects4)イベントや展示に参加する、開催する映画館もあります。5)音楽や映像を作る録音や編集の設備が用意されています。6)ゲームをする7)食事やお茶をする         レストランやカフェがあります。かなり多目的に利用できるので、市民に人気の場所になりそうです。もちろん観光客も自由に入ることが可能です。設計は国際コンペで世界中から500以上のエントリーの中から選ばれた、ALAアーキテクツが担当しています。外装、内装に木材が多く使われます。 屋根のように張り出している部分に木材が張られます。Photo: ALA Arch ..
 
S100x100 yuko omura%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
大村 裕子さん
Auer& Sandås architects

フィンランド、ヘルシンキ在住。一級建築士。 1996年北海道大学工学部建築工学科卒業。スウェーデンハウス株式会社で16年設計に携わる。主に北海道、千葉、東京にて202邸の注文住宅、別荘、店舗等を設計。 その後スウェーデン、フィンランドにて設計事務所にて住宅を設計。フィンランドの北欧建築視察専門の旅行会社を経て、現在はフィンランドの設計事務所Auer& Sandås architectsに在籍。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop