A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/09/11 07:54 - No.869


第10回 外皮について(2)


S100x100 %e5%86%99%e7%9c%9f
省エネのキホン
堤 太郎

2020/09/11 07:54 - No.869

 
さて、前回から「外皮について」というテーマで、住宅に求められる断熱性能をはじめとした、建物躯体そのものについて、「省エネのキホン」的考察を進めておりますが、今回は断熱材についての初回です。■断熱材は何を使えばよいの?この時代、あえて、そのような問いをするか?というツッコミが入りそうですね(笑)。「高気密高断熱住宅」という言葉(仕様)が認知され始めた時代(もう17、8年以上前?)には、真面目な内容として議論されていた記憶があります。ただし今でも「断熱材はこういう機能が無いとダメ!」とか「いつもこれ使 ..
 
S100x100 %e5%86%99%e7%9c%9f
堤 太郎さん
株式会社 M's構造設計

一級建築士、CASBEE戸建評価員ほか。1966年奈良県生まれ。1990年摂南大学工学部建築学科卒業。関西商圏のビルダーに27年勤務し、主に2x4工法(枠組壁工法)の戸建住宅設計に携わる。2013年にドイツのフライブルクをはじめとした各地の研究機関・企業等をツアー視察した後、ATC輸入住宅促進センター(大阪市)主催の省エネ住宅セミナーにて、企画のアドバイスやパネルディスカッションのコーディネーターとして複数参加。2018年にM’s構造設計に参加、「構造塾」講師や「省エネ塾」の主催、個別コンサルタント等を行っている。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop