A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2022/07/05 07:30 - No.1190


第21回 リフォーム産業新聞編集長が選ぶ2022年上半期3大トピックスとは?


S100x100 %e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%a3%e6%a5%ad%e6%96%b0%e8%81%9e%e9%87%91%e5%ad%90%e8%a3%95%e4%bb%8b%e7%b7%a8%e9%9b%86%e9%95%b7
これが今のリフォーム業界トレンド。
金子 裕介

2022/07/05 07:30 - No.1190

 
リフォーム産業新聞の編集長、金子裕介です。当連載では、リフォーム業界の最新トレンドの動向をご紹介します。第21回は「リフォーム産業新聞編集長が選ぶ2022年上半期3大トピックスとは?」というテーマでお送りします。2022年も折り返しです。上半期はどんなニュースがあったのか。リフォーム産業新聞の中から編集長視点で気になった話題を取り上げ、解説します。◆リノベーションは本当にエコだったカーボンニュートラルやSDGsといったキーワードが様々なメディアで取り上げられ、多くの経営者が環境に配慮した経営を進めています。リフォーム業界でももちろんそうなのですが、そもそもリフォームというビジネス自体が、新築に比べて環境に優しいのでは、それなら検証してみようという動きが広まっています。リフォーム産業新聞5日23号では以下の特集を組みました。■「新築偏重時代に終止符を」 リフォームでCO2排出最大7割減...三井、住友、東大、リノベるが立証https://www.reform-online.jp/news/reform-shop/21209.phpこの記事は、新築建て替えに比べて、リフォーム(リノベーション)は二酸化炭素排出量がどれだけ少ないのか、という研究を大学教授などと行った取り組みをリポートしています。リノベる、というリノベーション会社が国士舘大学の教授らと研究したケースでは、リノベの方が76%も二酸化炭素排出量が少ないという結果がでました。この記事にはたくさんの読者から反響がありました。以下、私が直接受けた事業者の声です。「リノベーションはエコだとは感じていたが、これまで根拠となる数字がなかった。数字で判明したのは画期的だ」「自分たちがやっていたリフォームビジネスは環境にも良い事業だと誇れ ..
 
S100x100 %e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%a3%e6%a5%ad%e6%96%b0%e8%81%9e%e9%87%91%e5%ad%90%e8%a3%95%e4%bb%8b%e7%b7%a8%e9%9b%86%e9%95%b7
金子 裕介さん
株式会社リフォーム産業新聞社

リフォーム業界の専門メディア「リフォーム産業新聞」編集長。10年以上に渡りリフォーム業界を取材。地域のリフォーム店から大手ハウスメーカー、有力リフォーム店まで様々な企業の動向をリポートしている。 リフォーム業界の最新動向は「リフォーム産業新聞」で。 https://www.reform-online.jp/

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

イベント・セミナー全て見る>

Btn gotop