A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2018/02/01 10:17 - No.195


建物だけの提案では生き残れない時代が来る?


S100x100 pic13851
リフォーム関連ニュースまとめ読み(解説付き)
中村 大輔

2018/02/01 10:17 - No.195

 
(写真)ヤマダ電機 神奈川県横浜市にできた「家電住まいる館YAMADA新山下店」神奈川県横浜市にできた「家電住まいる館YAMADA新山下店」。ソファがずらりと並ぶ店内。家電もリフォームの売り場もミックスされているヤマダ電機、ナカヤマ買収で改修事業「大転換」の理由「家具がリフォームのつなぎ役だ」昨年11月、リフォーム業界に激震が走った。ヤマダ電機(群馬県高崎市)がリフォーム専業最大手のナカヤマ(埼玉県上尾市)を買収すると発表したのだ。いよいよヤマダ電機がリフォームに本腰を入れる。舵を取るのは、かつて家電量販店エディオンでリフォーム事業を急拡大させた、三嶋恒夫副社長。ヤマダはどんな戦略を進めていくのか。家電売り場に「家具」ヤマダ電機のリフォーム拡大戦略の「一丁目一番地」は新業態「家電住まいる館YAMADA」だ。昨年9月8日、茨城県ひたちなか市にオープンした約1500坪のフロアは、従来の家電店とは大きく様相が異なる。家電も売ってはいるが、異様なのはソファやベッドなどの家具・インテリアと食器などの生活用品を売っているコーナーが併設されている点だ。また、住宅設備などが展示され、ここではリフォームの相談に対応する。さらにヤマダグループのヤマダ・ウッドハウスやエスバイエルが新築相談。さらに不動産売買・賃貸・保険の相談窓口を備えた店もある。三嶋氏は「おうち一軒、トータルで提案する店なんです。モノからコトまですべて、ヤマダ電機で」と話す。実はこの新業態、着実に増えている。わずか3カ月で計9店舗に拡大。神奈川、埼玉といった関東以外にも、大阪、名古屋、長野、石川と全国展開をハイペースで進めている。計画は3年間で100店舗。ヤマダ電機は全国に約660店あり、今後既存店を新業態に転換させていくことも計画 ..
 
S100x100 pic13851
中村 大輔さん
株式会社リフォーム産業新聞社

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop