A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/07/15 08:14 - No.1055


第35回 フィンランドのランドスケープ設計「保育園の庭」


S100x100 yuko omura%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
北欧住宅事情(フィンランドから)
大村 裕子

2021/07/15 08:14 - No.1055

 
フィンランド、ヘルシンキ在住の大村裕子です。フィンランドの建築について住宅を中心に、建築士の視点でレポートしていきます。(前回の記事はこちら)◆オープンハウスヘルシンキとはフィンランドの首都・ヘルシンキでは、毎年5月に「オープンハウスヘルシンキ」というイベントが開催されます。これは普段はなかなか見ることのできない場所が一般に公開されるイベントで、無料で見学することができます。また、その場所の専門家(設計者など)が案内をしてくれるので、現場の生の話を聞くことができるのも魅力の1つです。「オープンハウス」はヘルシンキだけではなく、世界各地で行われています。以前、オーストリアで建築家が設計したマンションを見学したのですが、行列ができるほどでの盛況ぶりで、とても面白かったです。例年は、住宅や新しい建築、伝統的な建築などの中を見学できるのですが、今年は(実際に見学できるのは)屋外のプロジェクトのみでした。室内はビデオプログラムで公開されていました。今回、私はある保育園の庭を見学してきました。◎2021年のフィンランド語のプログラムはこちらからhttps://www.openhousehelsinki.fi/◎英語の情報はこちらから (一部)https://www.openhousehelsinki.fi/english/◆自然をできる限り残す 私が見学した保育園は、ヘルシンキのラウッタサーリに建てられました。ラウッタサーリは、ヘルシンキ中心部から地下鉄で15分ほどで都心に近いのですが、海が近く、自然豊かな場所です。元々この土地は森でした。2020年に完成、約250人の0歳から6歳の子供たちが通っています。ランドスケープ設計を担当したマルヤ・ミッコラ(Marja Mikkola)さん、アイ ..
 
S100x100 yuko omura%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
大村 裕子さん
Auer& Sandås architects

フィンランド、ヘルシンキ在住。一級建築士。 1996年北海道大学工学部建築工学科卒業。スウェーデンハウス株式会社で16年設計に携わる。主に北海道、千葉、東京にて202邸の注文住宅、別荘、店舗等を設計。 その後スウェーデン、フィンランドにて設計事務所にて住宅を設計。フィンランドの北欧建築視察専門の旅行会社を経て、現在はフィンランドの設計事務所Auer& Sandås architectsに在籍。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop