A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2019/12/20 09:06 - No.654


第28回 フィンランドの住宅のトレンドは?|ハウジングフェア2019(その1)


S100x100 yuko omura%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
北欧住宅事情(フィンランドから)
大村 裕子

2019/12/20 09:06 - No.654

 
photo: Finnish Housing Fair, photographer TAVATON mediaフィンランド、ヘルシンキ在住の大村裕子です。フィンランドの建築について住宅を中心に、建築士の視点でレポートしていきます。50回目のハウジングフェア  2019年7月12日-8月11日、コウヴォラ市でハウジングフェアが開催されました。コウヴォラ市はヘルシンキから北西130kmにある、人口約8万人の町です。ハウジングフェアとは大規模な住宅博覧会で、1966年に始まりました。年に一度フィンランド各地で場所を替えて開催されています。日本の住宅展示場に似ているのですが、一般公開は夏の一か月のみで、ハウジングフェア終了後入居者はすぐに移り住みます。ほとんどの住宅では、すでに住む家族が決まっています。展示用の会場ではなく実際住む住宅地で、公園等も整備されています。常設の住宅展示場がないフィンランドでは、一度に多くの住宅を見ることができ、新しいトレンドを見学する絶好のチャンスです。フィンランド人の大人の98%が知っているというデータもあります。住宅を見学できるのはもちろん、インテリア、住宅設備、家具、物置、ガーデニングなどのブースもあり住宅に関する情報が一度に得られるイベントです。公式サイトはこちらから。(フィンランド語):http://asuntomessut.fi/一部ですが英語の情報はこちらから:http://asuntomessut.fi/english/what-is-a-housing-fair/会場案内図です。2019年のハウジングフェアは全部で33戸。新築住宅だけではなく、古い建物をリノベーションした集会場などもあります。選べる2種類のパンフレットパンフレットは1冊10 ..
 
S100x100 yuko omura%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
大村 裕子さん
Auer& Sandås architects

フィンランド、ヘルシンキ在住。一級建築士。 1996年北海道大学工学部建築工学科卒業。スウェーデンハウス株式会社で16年設計に携わる。主に北海道、千葉、東京にて202邸の注文住宅、別荘、店舗等を設計。 その後スウェーデン、フィンランドにて設計事務所にて住宅を設計。フィンランドの北欧建築視察専門の旅行会社を経て、現在はフィンランドの設計事務所Auer& Sandås architectsに在籍。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop