A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/07/20 14:44 - No.834


第41回 えっ?住宅がクレーム産業だって?


S100x100 syuhitsu
がんばれ!地域の工務店(工務店とエリアマーケティング)
石川 新治

2020/07/20 14:44 - No.834

 
満足の家いざ建てて住んでみて、本当に満足した家になっていますか?心から「そうだ!」と答えられる人は、滅多にいないと思います。少なくとも、「あと少しここをなんとかしておけば良かった~」と答える人でも、もしかしたら少数かも知れません。不満を並べればキリがなく、それほど家を建てるということは難しいことです。だからこそ「家は三度建てなければ解らない」といわれます。その不満足度があることから、「住宅業界はクレーム産業」だという人がいます。何を隠そう、私の大師匠でさえも、そのようにいって憚りません。住宅業界というのは、そんなに難しい業界です。だからこそ、信頼のできる会社を選んだ方が良い。そこで、企業としての信頼度を、経済性だけで判断して、上場をしている大手メーカーの方が安心できると語られてきました。クレーム産業といわれる業界を、刷新しなければならないという使命があるというのです。奇しくも「住宅業界はクレーム産業」という言葉も、ちょうど大手メーカーの設立期にいわれ始めたことです。地域の工務店に家を頼めば、品質の悪い、クレームだらけの家になるといわんばかりです。クレームってなに?今の時代になって、逆にクレーマーという言葉が聞かれるようになってきました。少し立場は逆転して、法外のクレームをつける人のことを指しています。音声も映像も記録されるようになって、消費者の「意見をいう権利」も、時と場合によっては正当ともいえないこともありえます。そうはいっても、家というのは毎日の生活を過ごす大切な場所です。暮らしの中での不都合があれば、毎日の生活にも支障をきたしかねません。設計意図とは違って、使いにくいこと、好みに合わないことがあって、これらを我慢して暮らすのは苦痛でしかありません。クレームの前に、小言の一 ..
 
S100x100 syuhitsu
石川 新治さん
一社)住まい文化研究会

明治大学工学部建築学科卒業。1981年ミサワホーム株式会社に入社。技術部設計から販社営業を経て、宣伝部マネージャーとして企画広報活動全般を経験。2007年、MISAWAinternational株式会社にて200年住宅「HABITA」を展開する。住宅の工法、技術、営業、マーケティング、商品化、デザイン、広報、住まい文化など、全般に精通。現在、一般社団法人住まい文化研究会代表理事として、機関紙「おうちのはなし」を発行し、全国の地域工務店の活動を支援している。主な著作に、「おうちのはなし」(経済界)、「地震に強い家づくりの教科書」(ダイアプレス)がある。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop