A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2018/04/10 13:48 - No.199


第4回 基本設計ポイントを理解しよう


S100x100 %e5%a4%a7%e7%86%8a%e3%81%95%e3%82%93
アウトドアリビング提案入門
大熊 一幸

2018/04/10 13:48 - No.199

 
第4回は外部空間設計の「グリーンエフェクト」「ピクチャーウィンドウ」「グランドゾーニング」の3つについて解説する。内部と外部を繋ぐ設計緑陵が与える癒し効果「グリーンエフェクト」旅行を計画し行き先を決める時、少しリッチな気分を味わいたいと思うものでしょう。選択のポイントとして滞在するホテルグレードとともに景観や環境もその一つではないでしょうか。川の流れやせせらぎに広大な海が奏でる波音、新緑や紅葉が装う美しい木々が作り出す景色も大切なアイテムです。人は現代社会の雑踏から抜け出し、時には現実から解放される癒し効果を求め滞在し、オンオフの切り替えを行っていることはほとんどの人が経験しているはずです。であれば、そのような効果を自宅で味わえたならどんなに素敵なことでしょう。特に現在では「グランピング」という商業系から発信されたハイクラスなキャンプが注目されていることからも需要が高まっていることは明確です。アウトドアライフや外部空間の意味とは、単なる庭の造形だけではなく、このような特別な場所として、唯一自然を操作した癒しを提供する大切な空間を作っていることを忘れずに緑化計画を含めた提案が必要になった時代になっていることを知っておきましょう。窓先の景色を飾る「ピクチャーウィンドウ」現在の建築事情には、国が推奨するZEHによる高テクノロジーハウス需要が高まっています。高断熱に高気密、蓄エネに省エネなど様々な仕組みが取り込まれています。特に窓は開閉する以外に外気温との境目になるためどのような商材を選択するのかも重要になってきています。では、その先に見え繋がる外部空間が未提案のままだとしたらどのような風景になっているかを考えてみましょう。道路や隣地までの距離が近いと見たくないものが見えたり、様々な人 ..
 
S100x100 %e5%a4%a7%e7%86%8a%e3%81%95%e3%82%93
大熊 一幸さん
GRANFACE///レクス-デザインオフィス東京

2010年 東京インターナショナルフラワー&ガーデンショー2010 ベスト・オブ・ガーデン(部⾨⼤賞)&ゴールドメダル受賞。 2012年 エクステリア&ガーデン設計事務所 「グランフェイス///レクス-デザインオフィス東京」 独⽴起業。 一般社団法人 日本エクステリア設計協会 主席理事 E&Gアカデミー 東京青山校 講師

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

イベント・セミナー全て見る>

Btn gotop