A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2019/06/18 08:31 - No.489


第5回 「北海道の家」断熱・気密概要


S100x100 %e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc20180503 eu3a2766
築38年の中古戸建て住宅が新築よりも暖かく、強い! リノベでLCCM住宅相当を実現。「北海道の家」
伊藤 菜衣子

2019/06/18 08:31 - No.489

 
(前回記事はこちら)プランニングに続いて、耐震性能の概要を紹介します。断熱・気密概要:第1回にも書きましたが、今回のリノベーションは、家を建てることにかかるCO2の総量をマイナスにするとても厳しい基準「LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)」相当を実現しました。今回の物件・立地条件で、世界でもトップレベルとなる低環境負荷基準を北海道でクリアするために、今回の立地や条件ではUA値0.18W/㎡・Kという断熱性能を、そして、気密性能もC値0.7c㎡/㎡を実現。そして施工費用は2,280万円(地代は別)です。現在の日本では、気密性能の基準値はありませんが、平成11年次世代省エネ基準における気密性能基準では、北海道と一部の東北地方では2c㎡/㎡、その他の地域で5c㎡/㎡が基準値とされています。カナダのR2000では0.9c㎡/㎡、スウェーデンでは0.6〜0.7c㎡/㎡の基準が設けられています。0.6c㎡/㎡は、100㎡の家で、名刺1枚ほどの隙間がある状態です。なぜここまで厳しい断熱と気密性能を追い求めつつ、低コストを追求するのでしょうか。それは、アルティザン建築工房 新谷社長の信念によるものです。「お施主さんは子育て世代です。きちんとキッチンがあって、プライベートが守られていて、快適に暮らせることは必須事項。これには尖った設計も、新築も必要ないのです」と、新谷社長は語ります。「新築でも難しいレベルをどうやってリノベーションで?」という読者のみなさんもお持ちであろう疑問を、新谷社長に質問してきました。今回は「概要」編。次回から、壁→屋根→基礎→開口部と4回に分けて解説します。断熱・気密スペック: ■ 長期優良住宅認定リフォーム(高度省エネ) ■ UA値:0.18 (2地域 基準値:0 ..
 
S100x100 %e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc20180503 eu3a2766
伊藤 菜衣子さん
暮らしかた冒険家

暮らしかた冒険家/クリエイティブディレクター 「未来の“ふつう”を今つくる」をモットーに活動中。あらゆることを実現するためにSNSを駆使し、未来の暮らしを手繰り寄せていく様を、坂本龍一氏は「君たちの暮らしはアートだ」と評す。2014年、札幌国際芸術祭参加。2017年、初監督作品映画「別れかた暮らしかた」を発表。編集と執筆を手がけた「あたらしい家づくりの教科書」「これからのリノベーション 断熱・気密編」など。現在は札幌で築30年の性能向上リノベーション済( Ua値0.26W/(㎡・K) )の戸建に住んでいる。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

イベント・セミナー全て見る>

最新の投稿一覧全て見る>

Btn gotop