A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/06/16 09:22 - No.802


第10回 「北海道の家」断熱・気密施工《開口部》


S100x100 %e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc20180503 eu3a2766
築38年の中古戸建て住宅が新築よりも暖かく、強い! リノベでLCCM住宅相当を実現。「北海道の家」
伊藤 菜衣子

2020/06/16 09:22 - No.802

 
札幌のリノベーション専門の工務店「アルティザン建築工房」新谷孝秀さんと設計事務所「アトリエ momo」の櫻井百子さんが、YKK APとコラボレーションして、通常よりも断熱性能と耐震性能を向上させる戸建リノベーションのプロジェクト、今回は「断熱・気密施工《開口部》」がテーマです。(前回記事はこちら)家を建てることにかかるCO2の総量をマイナスにするとても厳しい基準「LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)相当」。この基準に相当する断熱・気密性能を達成するためUA値0.18W/㎡・Kの断熱性能、C値0.7c㎡/㎡を実現した断熱・気密手法を壁→屋根→基礎→開口部の4回にわたって部位別に紹介しています。今回は開口部の断熱・気密施工と気密測定についてです。開口部の重要性:まず、多くの読者にとって釈迦に説法で恐縮ですが、アルミサッシ複層ガラスの場合で、開口部から夏は74%の熱が流入、冬は52%の熱が流出しています。 そして、同じ室温の場合でも、天井、壁、開口部、床の温度によって、体感温度は全く違うものとなります。ですから、開口部の断熱性能は非常に重要です。そして、施工次第で漏水や気密の弱点となることもあるので、慎重に手がけましょう。開口部の断熱・気密施工:まずは、開口部の気密テープのとめ方です。1→3の順番で気密テープを貼ることで、水道(みずみち)ができる可能性を低くする。順番が後のテープは、前のテープを覆うように貼り、ピンホールができないように配慮する。外壁の防水を期待せずに、通気層の間に水が流れることも想定して、施工をするように心がけているそう。「窓のツバとタイベックを丁寧にとめたり、気密テープは下横上の順番で貼り、水の通り道をつくらないことが重要」と新谷社長そして、今回のAPW43 ..
 
S100x100 %e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc20180503 eu3a2766
伊藤 菜衣子さん
暮らしかた冒険家

暮らしかた冒険家/クリエイティブディレクター 「未来の“ふつう”を今つくる」をモットーに活動中。あらゆることを実現するためにSNSを駆使し、未来の暮らしを手繰り寄せていく様を、坂本龍一氏は「君たちの暮らしはアートだ」と評す。2014年、札幌国際芸術祭参加。2017年、初監督作品映画「別れかた暮らしかた」を発表。編集と執筆を手がけた「あたらしい家づくりの教科書」「これからのリノベーション 断熱・気密編」など。現在は札幌で築30年の性能向上リノベーション済( Ua値0.26W/(㎡・K) )の戸建に住んでいる。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

最新の投稿一覧全て見る>

Btn gotop