A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/12/25 07:59 - No.969


第3回 通風解析で広がる提案の幅


S100x100 pht dummy 05
ホンキの換気~新型コロナに負けない家づくりへ!
井上 浩文

2020/12/25 07:59 - No.969

 


こちらのシリーズでは、通常は目で見ることが出来ない空気や風の流れをシミュレーションで可視化した動画で換気の工夫による換気量の違いの効果(第1回)、どのようにしたらお客様に換気効果の高い住まいを提案できるか(第2回)などをご案内してきました。

今回はさらに、通風解析で広がる提案の事例について、ご紹介したいと思います。




■ 換気と通風の違い

まず、換気と通風の違いについて説明します。

換気は新鮮な空気を室内に入れて汚染物質やにおいを除去する目的で行うのに対し、通風は涼しい風にあたることで体感温度を下げて快適感を得ることを目的に行います。

コロナ禍の現在はすばやく換気するために窓を開けることが推奨されていますが、もともとは家の中に風を通して涼を得るために窓を開ける行為をしてきました。



風がどちらから吹いてくるのか、家のどこに窓やドアがあれば良いのか、どのくらいの大きさの窓が良いのか、家が建て込んでいる時にはどんな窓を選んだら良いのか、といった情報を前もって知っておくことが大切です。

これらは通風性の良い住宅を建てる時のポイントになりますので、YKK APで提案している事例をいくつかご紹介します。





■ 分譲地の通風解析

風通しの良い分譲地を整備するためには、地区に吹込む風を上手に取り入れることが大切です。

しかし、風の流れは時々刻々変動しています。また、周辺の建物や地形・道路の影響も受けるため、勘や経験だけで風の流れを把握することは難しいです。

YKK APでは、該当地域の気象データから年間の風向を分析し、風配図を作成することで通風に良い季節の風がどこから吹くのか一目で分かるようにしています。また、時刻別の風の出現頻度を調べることで、一日のうちでどの時間帯が通風に適しているのかも知ることができます。

そして、その風を用いて通風解析を行うことで、分譲地全体の風の流れや強さをシミュレーションしています。シミュレーションの結果をもとに、住棟への風の当たり方や住棟周りに吹く風を確認しながら、風を取入れ易い窓の種類や配置について検討をして頂くことができます。

実際に分譲地の通風解析の事例をご紹介します。




気象データより、この地域では夏場の夕方に南南西の風がよく吹くことが分かりました。そこで気温の下がった夕方の風を取り入れるために分譲地にどう風が吹き込むかをシミュレーションしました。図の中で赤い色をつけた地区を検討の対象としました。

 
S100x100 pht dummy 05
井上 浩文さん
YKK AP株式会社

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

イベント・セミナー全て見る>

Btn gotop