A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2019/08/16 08:19 - No.534


第7回 「北海道の家」やりたいことを 全部叶えるためのリノベーション


S100x100 %e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc20180503 eu3a2766
築38年の中古戸建て住宅が新築よりも暖かく、強い! リノベでLCCM住宅相当を実現。「北海道の家」
伊藤 菜衣子

2019/08/16 08:19 - No.534

 
リノベーション物件ってもっと増えていいと思うんです。新築より安く、理想の家を建てることができるんですから――。YKK APと全国の性能向上リノベーションの先駆者がコラボレーションするこのプロジェクト。初のお施主さんがいらっしゃる物件が、札幌に完成しました。内装劣化が激しい築38年の家をリノベーションしたのは、札幌市で中古住宅のリノベーション・リフォームを手がける「アルティザン建築工房」です。取材時点は、ショールームとして公開中なので、お施主さんはまだ家に住んでいません。今回は、マイホームを新築ではなくリノベーションに決めた過程や、リノベーションへの期待、逆に不安に思っていたことなどを伺いました。(前回記事はこちら)やりたいことを全部叶えるためのリノベーションー 家づくりを考え始めたのはどのくらい前ですか?旦那さま だいたい2年半くらい前です。奥さま 妊娠が大きなきっかけです。子育てをするなら、子どもが走り回れるくらい広い家に住みたいと思って。ー はじめからリノベーションを検討していたんですか?奥さま 意識的に検討していたわけじゃないですね。たまたま一番始めに見に行ったモデルハウスがリノベーション物件だったんです。家から近かっただけなんですけど。一軒家でもリノベーションがあるんだなと、早い段階で選択肢が広がりました。旦那さま 新築を検討していた時期もあるんですが、予算的に厳しかったですね。ー どのくらいの予算で考えていたんですか?旦那さま 今住んでいるアパートの家賃が7万6千円なのですが、それを超えないように月々のローン返済を組める額を予算の上限としました。奥さま 新築は、自分たちの内装のこだわりを全く反映しなければ予算内でした。新築を数件見ましたが、最終的にはリノベーションに決 ..
 
S100x100 %e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc20180503 eu3a2766
伊藤 菜衣子さん
暮らしかた冒険家

暮らしかた冒険家/クリエイティブディレクター 「未来の“ふつう”を今つくる」をモットーに活動中。あらゆることを実現するためにSNSを駆使し、未来の暮らしを手繰り寄せていく様を、坂本龍一氏は「君たちの暮らしはアートだ」と評す。2014年、札幌国際芸術祭参加。2017年、初監督作品映画「別れかた暮らしかた」を発表。編集と執筆を手がけた「あたらしい家づくりの教科書」「これからのリノベーション 断熱・気密編」など。現在は札幌で築30年の性能向上リノベーション済( Ua値0.26W/(㎡・K) )の戸建に住んでいる。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

イベント・セミナー全て見る>

最新の投稿一覧全て見る>

Btn gotop