A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/01/26 08:45 - No.994


第4回 クラウド活用を最大化する考え方と手順


S100x100 ykk aplug omura
~思考が変われば現場施工も変わる!~NEXT STAGEが監修する施工管理メソッド
小村 直克

2021/01/26 08:45 - No.994

 

 

 

昨今、アンドパット社を筆頭にダンドリワークスやキズクをはじめとした建設クラウド等の施工管理におけるクラウドアプリが目覚ましく普及してきています。

既にご採用をされている企業様も多いのではないでしょうか?

この普及の活発化は「ICT:Information and Communication Technology」(情報通信技術)の普及を意味しています。

特に建設業界を取り巻くテクノロジーである「Con-Tech(コンテック):Construction Technology」(建設テック)は世界規模で注目されており、例えば「生産性向上を促進するための三次元のデータ化」や「無人航空機」、「様々なマッチングサービス」等へのビジネス投資がアメリカを中心に広がってきております。

そして、日本でも建設テックの普及は加速しております。

その理由としては現場で従事する職人不足や現場監督不足、さらにはローコスト化による工期短縮や付帯業務の削減等による利益確保を基盤に製造における生産性向上や業務効率化を解消するために積極的に活用をしていこうという風潮が強まっているからと考えられます。

また、個人においても生活環境そのものに様々なデバイスが普及し、日常においてもスマホは欠かせない生活必需品となってきたことも、さらに建設テックの普及・浸透を加速させているのです。

そこで今回のテーマは、このようなクラウドアプリを活用される企業様が増加していることから、それらのクラウドツール機能を最大限に活用して頂くための目的や考え方、また施工管理の視点から本質的な運用目的や方法をご紹介していきたいと思います。

はじめにクラウドツールを活用していく為の大前提として、工務店事業そのものの業務フローを整理していきましょう!

 

 

業務フローは大きく以下のようなカテゴリーで流れています。

 
S100x100 ykk aplug omura
小村 直克さん
株式会社 NEXT STAGE

新卒後、大手ハウスメーカー、建販商社で勤務。2006年に株式会社NEXT STAGEを創業。 第三者検査事業を中心に当初スタートしたが、現場監督や職人達のスキルや求心力、そして品質向上が出来ない対処サービスであることに限界を感じ、業界初の施工品質監査という手法を用いた独自のナレッジマネジメントサービスを構築する。 現在では、全国8拠点、800社を超えるビルダーがサービスを導入し、2020年より施工に特化した学習環境や品質向上環境のITプラットフォーム事業を展開し、製造価値へのDX化を目指す建築技術コンサルティング企業である。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop