A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/12/18 07:54 - No.961


第3回 「現場訪問回数」の適正値の根拠とは?


S100x100 ykk aplug omura
~思考が変われば現場施工も変わる!~NEXT STAGEが監修する施工管理メソッド
小村 直克

2020/12/18 07:54 - No.961

 
様々なビルダー様の所へお伺いした際に経営者様から、「現場監督に一人当たり何棟持たせたら良いのだろうか?」という質問を非常に多くいただきます。 確かに、現場監督不足という環境の中、会社としては何とか少ない人数で多くの仕事を回したいというTOPの願望は理解できるのですが、やみくもに訪問回数を削減をすることで、今まで以上に根拠のない業務負担を強いられ、結果どんどんと現場監督が離職してしまいます。 前回のコラムにも記載しておりましたが、弊社のアンケートデータでは、住宅着工から竣工までに現場監督が建築現場に訪問する回数は、地域密着型の工務店様であれば約40回/1現場、また年間100棟を超える大型分譲系ビルダー様では約20回/1現場というデータが確認されています。 このデータを地域工務店様からみると大型分譲系ビルダー様の行っている訪問回数は、回数的にはなんとなく労働生産性が高いように見受けられます。ですが、付加価値生産性という角度から見ると、本当に適切な労働生産性が図れているのか?ということも懸念されます。 そもそも、何十回と現場に訪問しようが、一番大切なことは「何のために現場に行くのか?」という目的が重要であり、その作業そのものが現場管理者の仕事にとって「主体業務」なのか?それとも「附帯業務」なのか?という棚卸が必要になってくるのです。 その前に一度、第一回目のコラムでお話しした「施工管理の8つの役割」を思い出してみてください。 上記の8つの役割というものが施工管理業務を「シングルタスク化する!」という行為となります。 そのシングルタスク化された中でも、特に現場でしかできない役割は以下の3つしかない!ということも加えて前回お伝えしています ..
 
S100x100 ykk aplug omura
小村 直克さん
株式会社 NEXT STAGE

新卒後、大手ハウスメーカー、建販商社で勤務。2006年に株式会社NEXT STAGEを創業。 第三者検査事業を中心に当初スタートしたが、現場監督や職人達のスキルや求心力、そして品質向上が出来ない対処サービスであることに限界を感じ、業界初の施工品質監査という手法を用いた独自のナレッジマネジメントサービスを構築する。 現在では、全国8拠点、800社を超えるビルダーがサービスを導入し、2020年より施工に特化した学習環境や品質向上環境のITプラットフォーム事業を展開し、製造価値へのDX化を目指す建築技術コンサルティング企業である。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

最新の投稿一覧全て見る>

Btn gotop