A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2021/02/26 08:18 - No.1014


第5回 「専任現場監督制の脱却」がこれからのスタンダード


S100x100 ykk aplug omura
~思考が変われば現場施工も変わる!~NEXT STAGEが監修する施工管理メソッド
小村 直克

2021/02/26 08:18 - No.1014

 


生産性向上というキーワードは、近年の職人及び現場監督不足、そしてスキル不足から、製造業としての品質と同様に必須の経営課題となってきております。

そのような環境下において、このようなことをよく耳にします。

「現場監督1人当たり、年間何棟持たせたら良いの?」という管理棟数の会話です。

これは、現場監督1人あたりにおける管理経費というものの効率化を労働生産性の観点を頭から導こうとするものです。

確かに労働生産性を改善することは非常に大切なことではありますが、単純に1棟当たりの現場訪問回数を無理に削減したり、多棟数の建築現場をやみくもに背負わせるという理不尽なやり方は、逆にスタッフの就労面や遣り甲斐面での負担を強いることにつながり、「貴重な人材を離職させる」という資源の損失になりかねないのです。

そこで今回は、いかに施工管理の生産性を上げながら品質を落とさないでいく手法を、しっかり学んでいきましょう!

まず大前提として、特に新築住宅に関しては現在「規格住宅化」が進んできています。

よく注文住宅と表現をしている会社でも、ある程度の主要構造や仕様スペックは同一の規格となっており、仕上げや見た目に対する仕様を自由に選択させることで、注文住宅という表現をされている企業様も多いのではないでしょうか。

つまり製造視点で考えてみると、最近はほとんどが規格住宅化してきていると言っても過言ではないことから、規格住宅としてのメリットというものを如何に引き出せる施工管理体系というものに転換していく必要があるということです。

下記の図表を見てみましょう!

以前にもお伝えいたしましたが、現在の建築会社の施工管理体系はこのような「プロジェクトマネジメント型体系」と言えます。

この図表は、第2回目の講座でお伝えいたしましたので、、是非復習の意味で再度お読みいただけたらと思います。

このような人的依存型の仕組みそのものが一番の根本的な重要課題です。

規格住宅であるにもかかわらず、設計業務や申請業務、そして施工管理業務に至るまで、ほとんどを外注化し、外注先の人的能力に依存している状態を示すものです。

これでは、ビルダー業として虚業のリスクとなり、行き当たりばったりの施工環境をいつまでも脱却できないということになります。

 
S100x100 ykk aplug omura
小村 直克さん
株式会社 NEXT STAGE

新卒後、大手ハウスメーカー、建販商社で勤務。2006年に株式会社NEXT STAGEを創業。 第三者検査事業を中心に当初スタートしたが、現場監督や職人達のスキルや求心力、そして品質向上が出来ない対処サービスであることに限界を感じ、業界初の施工品質監査という手法を用いた独自のナレッジマネジメントサービスを構築する。 現在では、全国8拠点、800社を超えるビルダーがサービスを導入し、2020年より施工に特化した学習環境や品質向上環境のITプラットフォーム事業を展開し、製造価値へのDX化を目指す建築技術コンサルティング企業である。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

イベント・セミナー全て見る>

Btn gotop