A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/10/13 08:37 - No.898


第1回 「工事部」というチームの役割を整理する


S100x100 ykk aplug omura
~思考が変われば現場施工も変わる!~NEXT STAGEが監修する施工管理メソッド
小村 直克

2020/10/13 08:37 - No.898

 
住宅建築業界では、今や「施工管理」という表現を簡単に使うことが多いですが、「施工管理」という言葉の概念を本質的に理解している企業が非常に少ないのが現状です。 現場生産性を上げるために現場監督の現場訪問回数をやみくもに削減したり、1人当たりの管理物件数を単純に引き上げたりと、現場崩壊を促す最たる判断に対してSTOPをかけなければならない時代がやってきたのです。 施工管理の本来の目的は、「工事が大規模になるほど工程は複雑になり、技術者の数も増えるため、施工管理によって計画性のある質の高い工事を行う必要性を追求する」ことです。 施工管理の仕事を解りやすく表現すると、発注者との契約によって進められる建築物の製造過程において、各工種の職人や協力業者の手抜きや、設計図書通りに作業を進められているかなど、技術者の指導を含めて管理・監督を行う仕事だということです。 そして、その現場の中心で施工管理をマネジメントする人材を「現場監督」と言い、言い換えれば、現場の総責任者として機能すべき役割であることをここで認識しておきましょう! 実は本質的な現場における品質向上や生産性向上に繋がらない大きな原因の1つには、この概念を論理的なロジックとして持ち合わせない点にあります。 そこでまず、戸建住宅業界(町場工事)での施工管理の役割ですが、正しくは8つの役割が有る事をここで学んでいきましょう! 特に、野丁場工事では建築物が大規模になり、専門工種や工期の広がりから施工管理構造が複雑になり、情報管理を組織管理に置き換えて管理することが多いのですが、住宅建築の場合は建築物が小規模であることから、情報管理を中心に管理することがベストだと考えます。 では、施工管理をする上で、この8つの役割か ..
 
S100x100 ykk aplug omura
小村 直克さん
株式会社 NEXT STAGE

新卒後、大手ハウスメーカー、建販商社で勤務。2006年に株式会社NEXT STAGEを創業。 第三者検査事業を中心に当初スタートしたが、現場監督や職人達のスキルや求心力、そして品質向上が出来ない対処サービスであることに限界を感じ、業界初の施工品質監査という手法を用いた独自のナレッジマネジメントサービスを構築する。 現在では、全国8拠点、800社を超えるビルダーがサービスを導入し、2020年より施工に特化した学習環境や品質向上環境のITプラットフォーム事業を展開し、製造価値へのDX化を目指す建築技術コンサルティング企業である。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

最新の投稿一覧全て見る>

Btn gotop