A-PLUGのご利用には会員登録が必要です
すでに会員の方はログインください

2020/11/20 08:57 - No.931


第2回 規格住宅こそ「プログラムマネジメント手法」を活用する


S100x100 ykk aplug omura
~思考が変われば現場施工も変わる!~NEXT STAGEが監修する施工管理メソッド
小村 直克

2020/11/20 08:57 - No.931

 
現在の新築住宅の多くが、「規格住宅化」してきたと言えます。 特に20代後半から40代前半の新築住宅取得者の割合が多く、取得するお客様の年収から導き出される借入金額も不動産取得から考えてみても、建物にある程度ローコストな住宅を選択しなければ実際には購入できないという現実も存在します。 しかしながらユーザーにとっては安かろう悪かろうでは通用せず、ローコストでありながらも立地やデザイン、性能、そして品質といった視点からも厳しく要求されることから、住宅会社の達成すべき課題も山積していると言えるでしょう。 規格住宅の本来の強みを検討すれば、下記のような生産性や品質の向上が見込めるはずなのです。 そこで今回は、限られた実行予算の中で如何に安定した良質な住宅を引き渡せるか?という命題に対し、製造時の「施工管理」という実施精度に大きく影響してくることから、職人不足・現場監督不足およびスキル不足というハンディを背負った環境下であっても、どのように進めていけばよいのかを紐解いていきましょう! まず、住宅における品質管理の考え方についてお話し致しましょう! 住宅における品質管理では、大前提として以下の4つの要素があると考えられます。 一般的には、維持管理の品質を除く3つの要素と呼ばれていますが、特に規格住宅化が進む現在では、新築時の設計仕様内容やスペック等によって竣工後の不具合に影響しているケースが非常に多く見受けられます。 従って、維持管理という行為は「長期優良住宅であるから…」「再受注を見込みたいから…」という単純な考え方でなく、維持管理結果からしっかり企画の品質を検討し、より良い設計仕様等の計画刷新へ導くための重要な作業である ..
 
S100x100 ykk aplug omura
小村 直克さん
株式会社 NEXT STAGE

新卒後、大手ハウスメーカー、建販商社で勤務。2006年に株式会社NEXT STAGEを創業。 第三者検査事業を中心に当初スタートしたが、現場監督や職人達のスキルや求心力、そして品質向上が出来ない対処サービスであることに限界を感じ、業界初の施工品質監査という手法を用いた独自のナレッジマネジメントサービスを構築する。 現在では、全国8拠点、800社を超えるビルダーがサービスを導入し、2020年より施工に特化した学習環境や品質向上環境のITプラットフォーム事業を展開し、製造価値へのDX化を目指す建築技術コンサルティング企業である。

業務にあわせて効率UPができる
ツールをご提供!

Btn gotop